portfolio image

「内面」を客観的に認知するには?

意識の手

難易度 ★★

私たちは、自分を客観的に見ることが非常に難しいため、自己を改善することがなかなかできません。

そこで「意識の状態」を身体的に認知することで、「内観の始まり」を作るために開発されたのが、この技法です。

この技法を使うと、自分の意識と身体感覚の連動が分かり、「身体的自己」の影響力の強さを理解できます。

そして、出来事に対しての「自己の反応」を、「受け留める」事ができるようになります。

そして、感情的でありながらも、客観的に自己を把握できるようになります。

すると、「内なる自己の選択力」が向上し、いつでも在りたい自分を選択できるようになっていきます。