portfolio image

アイデンティティの成長フェーズ

アイデンティティ確立と統合について

難易度 ★

若い時の自分探しは、一般的には「アイデンティティ拡散」と呼ばれます。

そして、20代に一定の成果を出せると、社会的にも、内的にも自己が確立していきます。

そして、確立した自己が増えていくと、いろんな自分が活躍できるため分散状態になります。

この分散しているアイデンティティを統合することで、真の自己が開かれていきます。