「私は何者として、どこへ向かうのか?」という
人類の命題への挑戦が、簡単ならつまらない。

 

「真の自己探求」は、人類の命題レベルの難しさがあるからこそ、楽しい。

アイダモンで扱うのは、経験の浅い、若い時の「自分探し」ではなく、

経験が豊富な、大人としての「真の自己探求」です。

だから、深く深く、そして本質を扱います。

だからこそ、抽象的で、哲学的で難解なものになりがちです。

そこで、あきらめず、真の自己を開けたとき、

人生が次のステージへとシフトします。

この、人類にとって最高のパズルを共に楽しみましょう。

 

「内なる世界」の旅で、
「迷宮入り」しないためには、
「地図」と「道具」が必要だ。

近年では、瞑想などの「内観・内省」が流行っています。

しかし、中途半端に「内なる世界」に入ると、答えが出ないばかりか、しばしば私たちは迷走してしまいます。

 

だから、この広大な「内なる世界」の「地図」が必要なのです。

そして、「コンパス」や、「望遠鏡」などの「道具」が不可欠です。

アイダモンでは、体系化された理論と技法、そして、それらを応用したツールを活用することで、

出口の見えにくい「自己探求の旅」を着実に、ゴールに向かって歩むことができます。

 

体系化された「理論」と「技法」と「ツール」で、
目に見えない「内なる世界」を理解し、
「内なる自己」を扱えるようになります。

 

一般的に、「アイデンティティ」や「内なる自己」を扱うと、ふわふわして掴みどころがないコンテンツになりがちです。

これらを体系化することで、「理性」と「感性」そして、「身体感覚」の3つを統合的に扱うことができるようになりました。

さらには、「内面と現実」の統合も扱うことで、「内なる世界」のみではなく、「現実の世界」でもインパクトが起きるようになりました。

→詳細と料金、キャンペーン内容を見てみる。

 

→体験会に参加してみる。

message